化粧水をつけるとき


スキンケアの基本である化粧水をつける時には、はじめに程よい量を手のひらのくぼみに取り、温かみを与えるような感覚で手のひら全体に広げ、顔全体を包み込むようにやさしくそっと馴染ませることが大切です。

皮膚の表面にある表皮には、ケラチンと呼ばれる丈夫なタンパク質を主体とした角質層という膜が覆うような形で存在しています。この角質層部分の細胞の間に存在するのが話題の「セラミド」と呼ばれるスフィンゴ脂質という特殊な脂質の一つです。

丁寧に保湿をして肌コンディションを改善することにより、紫外線の吸収をできるだけ制御し、乾燥が引き起こす憂鬱な肌問題や、それに加えてニキビの痕跡が色素沈着を起こして黒っぽくなってしまうのを未然防止してもらうことも可能です。

食べ物を消化する腸の機能性を高めることがデトックス(detoxification=解毒の省略)には基礎であり、お通じが悪くなってしまうとひいては体内に排泄されなかった毒素が充満するため、雪だるま式に体調不良やストレス、ニキビなど肌荒れの理由となります。

どうしても顔がむくんでいたり皮膚にたるみが出たりとなると、大きな顔面に見られるかもしれません。それならば、小型の美顔ローラーを顔の輪郭で転がしていくと、頬などにある表情筋を鍛えることができてその結果頬のたるみも解消し輪郭がリフトアップされるのです。

実際セルライトの本体とはつまめてしまうような皮下脂肪、ないしは皮下脂肪の間を流れる組織液(=間質液)のことであり、これらの結合体が集まって塊をつくり、嫌味にもそれが素肌部分にまで広がりお世辞にも美しいとは言い難い凸凹を刻みこむのです。

Comments are closed.